タミフルと副作用に悩まされる女性

乳幼児のインフルエンザ予防対策

インフルエンザにかかると高熱や寒気、頭痛や関節痛など様々な症状に悩まされることになります。
例年冬の乾燥する時期に差し掛かると流行が始まり、多くの人がインフルエンザにかかって苦しまざるをえない状況に立たされます。
大人の健康体の人であれば長くとも一週間ほどで症状がなくなって何事もなかったかのように日常生活に戻ることができますが、乳幼児の場合には重篤化して肺炎を起こしたり、脳症を起こしたりしてしまうリスクがあります。
そのため、大人よりもよりインフルエンザの予防対策を重要視していかなければなりません。
乳幼児も大人と同様にインフルエンザワクチンの予防接種を行うことができるので、予めシーズン前に予防接種を行っておくというのが信頼性の高い予防対策です。
一方、予防接種に頼らずともできる家庭での予防対策も多数あります。
手洗いをする女の子乳幼児へのインフルエンザの感染経路として主要なのは親からの感染と保育施設での集団感染です。
親からの感染を防ぐためには親が十分な予防をすることが重要であり、マスクを着用したり手洗いうがいをしたりするといった基本的な予防策を怠らないことが大切になります。
また、親がインフルエンザにかかってしまった場合には、抗インフルエンザ薬の予防投与を行って対策をしておくのが安全な方法です。
一方、保育施設での感染は誰がウイルスの保持者である可能性があるかもわからないため防ぐことが困難です。
互いに感染の懸念があったら保育施設は休ませるという判断をすることが重要になります。
そういった呼びかけをしている保育施設に預けるというのが基本的な考え方であり、通わせる日にもマスクをつけさせるという配慮を行っておくと予防になります。

あわせて読みたい記事